千代田肥糧株式会社様 片面マイクロパーフォレーション(MP)袋に改良。課題だった雨対策を実行することができ、改良した袋で取引先様に付加価値を提案。

千代田肥糧株式会社 ※左から順にご紹介
[次長] 橋本一成様 [工場長] 村岡歩様 [チーフ] 伊藤元樹様

魚粉や骨粉、油かすなどを原料にした有機肥料を扱う千代田肥糧株式会社(愛知県名古屋市)。オーダーメイドで取引先様のこだわりに合わせた有機肥料を製造しているので、ユーザーの満足度はとても高く、多くの方々から支持されています。
長年、雨に濡れて水が染みてしまう袋をどうにかしたいという課題があり、シコーの直径100ミクロン以下の小さな穴を開けた「マイクロパーフォレーション(以下、MP)袋」を改良することで解決するまでに至ったお話を同社の橋本様から、現場で感じる導入のメリットを村岡様と伊藤様から伺いました。

ピンホール加工を片面にのみ採用し、
袋の中の空気やガスが抜けやすいのはそのままで、
水が染みにくく、有機肥料の発酵を防ぐことができました。

シコーのMP袋を導入する前、どのような課題がありましたか?

橋本様 : 以前は他社の包材を使用していました。有機肥料を袋詰めすると空気が入ってしまうので、それを抜く必要があります。以前使っていた他社のピンホール袋は針で穴を開け、2mmくらいの割と大きな穴が開いていました。そうすると空気やガスは抜けるのですが、穴が大きいため雨が袋の中に入り込んでしまい、肥料が発酵してしまうのが課題だったわけです。有機肥料は発酵する可能性もあるので雨にさらないように保管するというのが一般常識としてあります。ただ、一般のユーザー様の元に渡ったときに保管をきちんとしなければ水に濡れて発酵してしまう恐れがあり、その点で有機肥料に対して悪いイメージを持たれてしまうのをどうにかできればと思っていました。

課題に対して、今までどのような対策をしてきましたか?

橋本様: 製品出荷前までは私たちの方でしっかりとケアができます。例えば、製品をパレットに積んで「帽子」と呼んでいるPE袋を被せたり、ラップで製品を積んだパレットごとぐるぐる巻きにしたり。ただ製品が出荷されれば、製品のケアは取引先様やユーザーの方次第となってしまうのが長年の課題でした。

その後、何か取り組まれましたか?

橋本様: 有機肥料を扱う企業として、雨に濡れないもしくは雨に濡れても大丈夫な袋を求めていた所、弊社の社員がインターネットで「雨に濡れない 肥料 袋」という条件で検索した際にシコーさんの存在を知りました。検索して見つけたサイトのページでMP袋の事例を掲載していたので、すぐにお問い合わせをしました。それが約1年半前です。

実際にシコーの袋を導入に至るまでどのような経緯がありましたか?

橋本様 : まず、シコーさんのMP袋を導入する前にどこまで雨に濡れても大丈夫なのか実験してみました。MP袋にジョウロで水をまいてみた所、確かに他社の袋より空いている穴が小さい分、水は染みにくかったのですがもう少し改良できないものかと思っていた時に、シコーの担当者さんからご提案をいただきました。それが、現在使用している片面MP袋です。今まで両面2列ずつ穴を開けていたのですが、袋の表面(上部)に穴を開けず、裏面に4列の穴を開けた仕様にすることで、今までと同じくらい空気やガスが抜けるようにしつつ雨の侵入を防ぐ袋を実現することができました。

導入したメリットはありますか?

橋本様 : 最大のメリットは、雨対策ができたことです。とにかく水が染みにくくなって、中の肥料が発酵しにくくなりました。これは私たちもそうですが、取引先様やユーザー様にとってもメリットだと思います。例えば、小さなお店だと肥料を外で保管して雨に濡れてしまうケースも多いのですが、そのような取引先様には重宝してくれるはずです。

伊藤様 : とにかく、安心感の一言に尽きます。製品を出荷する際に運送トラックに積むため、どうしても外に出さなければなりません。急な雨が降ってきた場合、いくらケアをしているといっても製品ですので慌てて工場の中に入れる必要がありました。今までは水が染みる心配もあったので製造ラインを一旦ストップさせて工場にいる社員全員で慌てて屋根のある場所へ製品を移動していたのですが、水が染みにくくなったおかげで今は社員全員の手を止めず1人で作業を行えるようになったのが現場で感じたメリットです。

改良したMP袋に、さらに要望はありますか?

橋本様 : 肥料のかさが少なくなると空気がたくさん入ってしまうので、早くエア抜けできるような袋にして欲しいです。また、MPの穴を2列から3列に増やして穴の数を増やすことはできないかなと思います。
※現在、MPを3列で提案中です。

村岡様 : シコーの袋は空気がよく抜けます。ただ、袋に少し空気が残っていてパレットへと積む際に多少ずれてしまうことも。現在、製品の積荷作業はロボットで行なっているので、人の手で行うような微調整がしづらいのが現状です。今後は積荷の際に製品がずれにくくなる袋も提案していただければと思います。

伊藤様 : 袋に空いているMPが小さいので、表裏がパッと判断できない社員もいます。なので、穴が空いている側が一目で分かりやすくなればと思います。ただ、袋の表面と裏面の向きは統一されて納品していただいているので、現場でのルール付けで解決できるかもしれませんが。

その他、シコーに対する要望はありますか?

橋本様 : コストとの兼ね合いもあるのですが、簡易開封できるしつらえを全製品の袋にしたいです。有機肥料は通常の肥料よりも高い価格な分、求められる価値も高くなります。そのような意味で袋にもこだわって自社の価値を上げられればと思います。

千代田肥糧様 会社紹介

CORPORATE INFORMATION

小ロットからオーダーメイドで製造し、
こだわりの有機肥料をお届けします。

千代田肥糧様は、オーダーメイドで有機肥料を製造している企業。取引様の要望に合わせて、肥料に求める成分や入れたい原料をブレンドしてオリジナルの有機肥料を作ります。50袋からの小ロットに対応しているのが特徴で、こだわりの作物を育てる農家をはじめ、多くのユーザーに評価をいただいています。さらに、自社で商品コンセプトやネーミングを考えた「アントニオユーキ」「タイガーマスクユーキ」といったユニークな製品をリリースするなど、自社開発も得意な企業です。

詳しくは千代田肥糧株式会社様のWebサイトをご確認ください

千代田肥糧株式会社ホームページ

お客様事例