広幅フレキソ印刷について

広幅フレキソ印刷

原紙幅1,700mmまで通紙できる広幅のフレキソ印刷機です。PPCや防錆紙などのエンドレス印刷やクラフト紙袋用のピッチ印刷が主な用途となります。フレキソ印刷では印刷のピッチに応じたシリンダーを用意する必要がありますが、弊社では印刷内容にあわせて印刷ピッチを変更できる可変タイプのマンドレルを有しております。これにより多様なピッチへの対応が可能となり、且つシリンダー購入の初期投資が不要となります。

特長・強み

広幅対応

通紙で1,700mm、印刷有効幅で1,650mmの対応が可能です。

フレキソ印刷

フレキソ版はグラビア版と比較し製造コストが安価となり、
またグラビア版では不可能な部分的なデザイン変更も
フレキソ版では可能となり、部分変更では特に低コストとなります。
細字印刷では最小4ptでの実績があり、最大3色まで印刷可能です。

印刷ピッチへの対応

自社印刷機を考案する過程で取得した特許をベースに可変マンドレルを製品化しました。
印刷ピッチ400mm~1,600mmの範囲にて10mm毎の対応が可能です。
弊社ではシリンダー寸法に関係なくご指定のピッチ印刷に対応が可能です。