包む実験室

実験3 包材コストを下げられる!?紙袋とダンボールを実際に装填して比べてみました。

インターネットビジネスが発達し、消費者にとっては便利な世の中になってきましたが、新しいビジネスの成立により、既存ビジネスの枠組みに大きな変化がでてきています。
包材メーカーとして近年無視できないニーズの1つが「物流コストの低減」であり、日本全国で配送される荷物の増加に伴う運賃アップはもちろん、ダンボールのコストアップなどが荷主様の大きな負担になっています。
このニーズへのソリューションとして、以前よりシコーグループが注力している「ダンボールから紙袋への置き換え」をあげることができます。最近需要が伸びてきている「精米」用途のアレンジバッグを実際どのように使うのか、ダンボールとの違いを動画で比べながらご紹介いたします。

「精米」用途のアレンジバッグの種類

  • 10kg × 3
  • 10kg × 2
  • 5kg × 3
  • 5kg × 2

※ 順次追加予定です。

実験内容

実際に紙袋とダンボールにお米20kgを詰めて
作業負荷の違いを比べてみました!

お米10kg×2袋を紙袋とダンボールのそれぞれに装填し、作業負荷の違いを検証しました。

2分割動画で実際に比べてみました!検証結果をご覧ください!

実験結果

作業負荷の少ない紙袋のほうが見ていて圧倒的に早いイメージでした。
コストも下げられるうえに、紙袋はかさばりませんので、そんな悩みを少しでももたれている荷主様にはぜひ一度、お試しいただきたい製品だと思います。
(編集部:飯島)

紙袋のメリット

  • 包装時の作業負荷が少ない
  • ダンボールに比べ、包材コストが低い
  • かさばらない
  • 燃えるゴミで廃棄できる

ダンボールのメリット

  • 荷姿が紙袋よりキレイ

おまけ

紙袋なら受け取り側の処理もカンタンです!